ラビットナビ

システムエンジニアとは?平均年収や仕事内容を徹底解説

「システムエンジニアって何?」

「仕事内容や平均年収が知りたい」

このように、システムエンジニアという職業について具体的にどういったものか調べていませんか?

結論から言うと、システムエンジニアは初心者にもオススメの職業です。

需要が高いため、今後将来的に仕事に困るということはないでしょうし、何より高い収入が見込めます。

そこで今回は、そんなシステムエンジニアの仕事内容から、スキルを身につける方法、平均年収までご紹介していきます。

システムエンジニアについて興味がある方は必見です!

目次

1.システムエンジニア(SE)とは?プログラマーとの違い

イメージ

システムエンジニアとは、システム開発に際する企画書や設計書を作成する仕事のことを言います。

SE(System Engineer)とも呼ばれます。

システム開発には設計からクライアントとのコミュニケーション、プログラミング、テストなどさまざまな工程があり、システムエンジニアはその上流工程を担っています。

よくシステムエンジニアと比較されるプログラマーは、システムエンジニアから渡された設計書に沿ってプログラムを組む職業です。

つまり、システムエンジニアとプログラマーの違いは、プログラミング業務をメインとするのか、プログラミングの他にその他業務をするのかどうかということです。

プログラマーの上位互換がシステムエンジニアとされることがありますが、高い専門技術を有して、あえてプログラミングだけしか行わないプログラマーも存在します。

2.システムエンジニアの仕事内容

イメージ

一つのシステムを開発するために、以下の5つの工程に分けられます。

  • 要件の分析・定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • プログラミング
  • テスト

ここからは、それぞれどのような業務内容なのか詳しく解説していきます。

2−1.要件の分析・定義

まず、クライアントの要件をヒアリングして、システムの全体的構成を作成します。

どういったシステムを望んでいるのか、クライアントによっては曖昧なことが多く、システムエンジニアは具体的にどういった機能が必要かなど細かく聞いて、制作物を明確化させます。

この始めの段階でクライアントからの要望を曖昧に理解したり、認識にズレがあると今後の工程に大きな支障をきたしてしまいます。

そのため、システム開発の上で最も重要な工程が「要件の分析・定義」と言えます。

 

2−2.基本設計

要件を定義した後に、その内容から具体的にどういったビジュアルで、どういった機能があるのかの基本形を設計します。

基本設計するのは以下のような内容です。

  • システムの画面や動作
  • 外部システムとの連携
  • データベースに保存する情報

この段階でシステムのビジュアルと機能のサンプルを作成して、クライアントの要件を満たしているかどうか確認します。

 

2−3.詳細設計

基本設計で骨組みが固まった後は、その内容をもとに具体的な内部の機能を設計します。

この段階で、プログラマーへ渡すシステム構築の設計書が作成されます。

 

2−4.プログラミング

設計書が完成したら、早速プログラムを組む作業です。コーディングとも呼びます。

プログラミングの仕事は主にプログラマーの仕事で、システムエンジニアはプログラマーがシステムを構築している間にテストを行う準備をします。

 

2−5.テスト

プログラマーによって構築されたシステムはいくつかのパーツで構成されています。

まず、その各パーツごとに正確に動作するのかを確認する「単体テスト」を行います。

単体テストはシステムエンジニアだけではなく、開発に携わったプログラマーも行い、仮に問題が発覚した場合はプログラマーへ再構築の依頼をします。

それぞれのパーツに問題がなければ、次は各パーツをつなぎ合わせた時にデータの受け渡しや画面の表示が正しく行われるかの「結合テスト」をシステムエンジニアが行います。

最後に、実機などでテストを行い、問題ないと判断されたらシステムの完成です。

その後システムは実際にリリースされることとなりますが、運用していくにあたって発生したトラブルやメンテナンスをシステムエンジニアが継続して行います。

3.システムエンジニアになるためには?

イメージ

システムエンジニアになるためには、プログラミングのスキルを身につけましょう。

システムエンジニアには、クライアントやプログラマーとのコミュニケーション能力、マネジメント能力、そして高いプログラミング技術が求められます。

中でも、システムの設計書作成からプログラマーへの支持のためにも、プログラミングの知識・スキルは欠かせません。

そのため、まずはプログラミングについて学ぶ必要があります。

プログラミングを学ぶためには主に「独学」「スクールに通う」などがあります。

独学はあまりお金をかけずに自分のペースで学べるというメリットがありますが、実践での学習などがないため、身につくのに時間がかかったり、しっかりとした技術が身につかない可能性があります。

一方、スクールに通って学ぶ場合は多少のお金はかかりますが、正しい知識を効率良く学べるので、スキルが身につく時間が早いというメリットがあります。

そのため、システムエンジニアになるためには、スクールに通ってまずはプログラミングのスキルを身につけることをおすすめします。

4.システムエンジニアの平均年収

イメージ

システムエンジニアの平均年収は450万円〜550万円と言われおり、数ある職業の中では高い方です。

システムエンジニアの収入はスキルや経験、勤めている企業にもよって大きく異なるので、経験年数や働き方によっては平均以上の収入が見込めます。

また、プログラマーよりも高い収入を得られることが多く、マネジメント力やコミュニケーション能力を高めてシステムエンジニアとして認められれば、マネージャーなどの高い地位を獲得することも可能です。

プロジェクトマネージャーの平均年収は500万円〜1000万円とされています。

そのため、プログラマーからシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーを目指して働くと、高い収入が見込めるでしょう。

5.結局システムエンジニアはおすすめ?

イメージ

結論から言えば、システムエンジニアはおすすめです。

高い収入が見込める上、システムエンジニアとしての需要は低くないので、仕事がなくなって生活できなくなるというのは考えにくいでしょう。

AIによってシステムエンジニアの職が取って代わられることが懸念されていますが、そういったAI技術の進歩はまだまだ遠い未来の話と言えます。

また、一見難しそうなシステムエンジニアという職業ですが、正しい知識を学べば誰にでもなれる職業です。

特に20代の若年僧であれば、新卒採用などでIT系の企業へ就職した場合、文系だった学生でも、企業がプログラマーを養成する研修を行うことも多々あります。

そのため、専門外だからと初めから諦めるのではなく「高収入を得たい」「将来的に安定したスキルを身に付けたい」と思うのであれば、システムエンジニアはおすすめです。

システムエンジニアになりたいと思ったら、企業に就職するほか、独学やスクールに通うなどして一からでも学んでみましょう。

6.まとめ

イメージ

システムエンジニアとは、システム開発を行う上で、設計書作成など上流工程を担当する職業です。

クライアントからの要望を聞くことから始め、いくつかの工程を経て、プログラマーと協力し合いながら一つのシステムを完成させます。

システムエンジニアのスキルは需要が高いので、将来的に仕事がなくて困るということは考えにくいでしょう。

そのため、安定して働くことができて高い収入が得られるシステムエンジニアはおすすめの職業です。

未経験でもシステムエンジニアになれることは可能なので、まずは教育を行なっているIT企業に就職したり、独学、スクールに通うなどして学んでみてはいかがでしょうか?