ラビットナビ

Webライターとはどういう仕事?平均年収からおすすめの本まで徹底解説!

初心者がインターネットで仕事を始めるなら、Webライターがおすすめです。

Webライターとしての資格や初期費用が特に必要ないので、主婦や大学生、高校生誰でも始めることができますし、始めた月から2〜3万円すぐに稼ぐことも可能です。

しかし、簡単に始められる一方で、比較的年収が低いのもWebライターの特徴です。

Webライターとして月収30万円以上を目指すためには、特定の知識やスキルが必要です。

そこで今回は、Webライターとは何なのか?そして必要な資格やスキル、おすすめの本、Webライターの始め方までご紹介していきます。

目次

1.Webライターとは?

イメージ

Webライターとは、一言でいうと「インターネット上の文章を書く仕事」のことです。

Webライターは働き方や仕事内容が多種多様という特徴があります。

例えば、企業に属して自社で運営するメディアサイトの記事を執筆したり、中にはフリーランスとして契約先のメディアサイトの記事を執筆して働く人もいます。

さらにフリーランスでライターをしている方でも、特定のメディアで専属として執筆する方や、幅広いジャンルのサイトの執筆を手がけるライターも存在します。

また、インターネット上で書く文章は、ニュースやコラム、LP、メルマガ、ブログなど様々で「Webライター」と一言で片付けても、その働き方や仕事内容は人それぞれ異なります。

Webライターは通常の紙媒体のライターとは異なり、「SEO対策」の知識が大切です。

SEO対策とは、簡単に言えば検索エンジンで上位表示させるための施策のことで、検索エンジンから読者を獲得するためには必要なスキルになります。

このように、Webライターとはインターネット上であらゆる文章を執筆する職業のことを指します。

2.Webライターになるための資格は必要ない?

イメージ

Webライターは基本的に誰でもなれます。

特にWebライターと名乗るための資格は必要ないので、一度でもインターネットで執筆した経験があればWebライターと名乗っても全く問題ありません。

ただし、Webライティングのスキルや知識は必要で、しっかりとしたスキルや経験、知識、実績があればて収入アップにつながります。

また、Webライターであれば、自分の言葉で何でも書いていいのかというとそういうわけではありません。

大切なのは「相手が何を求めているのか?」という点で、そういった読者の悩みを常に頭に入れながら、問題解決するための記事に価値が生まれます。

そして、本当に伝えたいことを言語化させる力もWebライターとして文字を書く時に大切な能力の一つです。

2−1.Webライターに求められるスキル

Webライターとして求められるスキルは主に「SEO対策」と「正しい日本語」の2つです。

先述した通り、SEO対策とはGoogleなどの検索結果で上位に表示されるように施策することを言います。

なぜ、SEO対策が重要かというと、執筆したWebページのアクセス数を増やすためです。

考えてみてください。Googleで何か検索した時に、わざわざ2ページ目、3ページ目まで進んでいろんなWebページを見るでしょうか?

おそらくほとんどの方が、Googleで検索した時に最初のページの上位3〜5記事だけ読んで終わると思います。

つまり、Google検索で上位に表示されるということは、アクセス数を増やす要因となり、ウェブサイトを収益化するためには欠かせないのです。

また、正しい日本語もWebライティングする上で大切で、変な言い回しや間違った日本語を使っていると読者は文章を読んでいて訳が分からなくな

り、離脱する確率が高まります。

すぐに離脱されてしまったら、それは読んでないこととほとんど同じなので、SEO対策でたくさんの読者を獲得して、その読者にしっかりと読んでもらうためにも正しい日本語が必要なスキルです。

3.Webライターにおすすめの本2選

Webライティングを始めるにあたっておすすめの書籍は以下の2冊です。

沈黙のWebライティング

Webライティングの中でも特にSEO対策について学べる本です。

またWebライティングの書き方などが学べるので、今からWebライターについて勉強したいという方にはおすすめの一冊です。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

正しい日本語の書き方を学べる本です。

文章の書き方や文章の型が記されています。

まだ文章を書いたことがない方や、文章が

思い浮かばないという方は、文章の型を知らないことが原因です。

「どうやって書けばいいの?」「言葉をうまく文字で伝えられない」という方にはおすすめの一冊です。

4.Webライターのメリット・デメリット

イメージ

Webライターのメリットは「すぐに収入が得られる」という点です。

インターネットを使ったビジネスの中でもWebライターという仕事は参入ハードルが低く、初心者でも初月から2〜3万円稼ぐことも可能です。

さらに、パソコンとネット環境さえあれば仕事ができるので、転売のように初期費用がかかることも、在庫が余って損失になることもありません。

一方で、「生産した記事が資産にならない」というデメリットがあります。

例えば自分でウェブサイトを運営して、それを収益化すれば、自分が記事を書く本数が減っても一定の収入が入ってきます。

しかし、Webライターの場合は書いた記事の著作権をクライアントへ譲渡することになるので、自分の資産にならず、記事を書かなくなれば同然収入がなくなります。

そのため、ライティングで収入を得たい場合は、Webライターで毎月数万円の収入を得ながら、それと並行して自分のウェブサイトの記事もコツコツ更新するやり方が最もおすすめです。

5.Webライターはどのくらい稼げる?

イメージ

求人・転職サイトであるはたらいくの調べによると、一般的なライターの平均年収は259万円ということがわかりました。

しかし、企業に勤めるWebライターのほとんどが原稿を書いた文だけ収入になる歩合制を採用しているので、作業量を調整して収入を上げることも可能です。

また、最近ではフリーランスとしてWebライターをやる若年僧も多く、その平均年収には幅があり、Webライターとして将来的な可能性も十分見込めると思います。

Webライターとしての年収を上げるポイントは「専門的知識を持つこと」と「SEO対策ができること」「作業速度を上げる」の3つがあります。

専門的知識を持ち、SEO対策ができるようになれば、他の人にはかけない価値のある記事を作成することができ、それに伴って報酬がアップします。

また、単純に作業速度を上げることで、短時間で多くのお金を稼げるようになるので、単純に収入がアップします。

フリーランスのWebライターの中には月収50万円を超える人も少なくないので、このように先を見据えて働くかどうかで自分の収入が決まると言っても過言ではないでしょう。

6.Webライターの始め方

イメージ

Webライターを始める方法は主に2種類あります。

  • 求人サイト
  • クラウドソーシングサイト

ライターを募集している求人は多くあるので、まずは企業に勤めて技術や知識を身に付けたいという方には求人サイトがおすすめです。

一方、片手間である程度ゆとりを持って始めたいという方には、クラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングとは、企業と技術を持った働き手をマッチングするサービスで、雇用関係ではなく業務委託として働くことが特徴です。クラウドソーシングとは、企業と技術を持った働き手をマッチングするサービスで、雇用関係ではなく業務委託として働くことが特徴です。

企業はちょっとした業務を委託したいときに、働き手はスキルを生かした仕事をしたいときに利用されます。

クラウドソーシングサイトにはライティングの案件が多数依頼されていることが多く、中には初心者向けの仕事も少なくないので、誰でも気軽に始められることが特徴です。

今後Webライターとしてスピードを持って稼いでいきたい方は求人サイト、初心者で片手間で稼いでいきたい方はクラウドソーシングサイトを利用しましょう。

7.まとめ

イメージ

Webライターは初心者にオススメのネットビジネスの一つです。

特に資格などが必要ないので、誰でも気軽に始めることができます。

Webライターとして稼ぐためには以下の4点が大切です。

  • SEO対策の知識
  • 正しい日本語
  • 専門的知識
  • 早い作業速度
  • Webライターとして稼げるようになり、月収30万円〜40万円を目指してみてはいかがでしょうか?