ラビットナビ

インフルエンサービジネスが最強な理由!収益化の仕組みまで徹底解説

「インフルエンサーって何?」

「インフルエンサーって稼げるの?」

はっきり言うと、インフルエンサービジネスは最強です。

広告主から圧倒的な需要がありながら、大きな収入を得ることができ、時間とコンテンツ次第で誰にでもなれる可能性を秘めています。

そこで今回は、インフルエンサーの特徴から、インフルエンサービジネスが西行な理由、そしてメリット・デメリットまでご紹介していきます。

目次

1.インフルエンサーとは?

イメージ

インフルエンサーとは、特定のジャンルで影響力や発信力を持つ人物のことで「影響させる」という意味を持つ「Influence(インフルエンス)」という英語が語源です。

インフルエンサーはビジネスにおいて強い価値があり、SNSなどを通して消費者に商品やサービスをリーチさせる力があります。

有名なインフルエンサーにはInstagramであれば「渡辺直美」や、YouTubeであれば「HIKAKIN」などがいらっしゃいます。

企業はそういったインフルエンサーの方達の影響力を借りて、自社の製品・サービスをPRする手法を「インフルエンサーマーケティング」と言います。

2.インフルエンサービジネス収益化の仕組み

イメージ

インフルエンサーは主に企業や自分の商品を販売することで収益を得られます。

これまでのマーケティングは、テレビCMやウェブ広告など、広告主がメディアを持つ企業に依頼して自社製品やサービスを拡散させるといった形でした。

インフルエンサービジネスは、広告主の依頼する相手が「個人」に移り変わったもので、広告主は狙ったターゲット層に情報が届きやすいという特徴があります。

さらに、広告主は企業に依頼するよりも少ない経費で拡散できるので、圧倒的に需要があり、インフルエンサーはその広告費が収益になります。

他にも、インフルエンサーが自己の影響力を活用してオンラインサロンを開いたり、「インフルエンサーになる方法」というパッケージの商品を販売するなどしてマネタイズすることができます。

3.インフルエンサーの種類

イメージ

インフルエンサーはSNSのフォロワー数によって、一般的にその種類が分けられます。

インフルエンサーの種類は主に以下の5つです。

  • 一般ユーザー:フォロワー数1000人未満
  • ナノインフルエンサー:フォロワー数1000人〜1万人
  • マイクロインフルエンサー:フォロワー数1万人〜10万人
  • ミドルインフルエンサー:フォロワー数10万人〜100万人
  • メガインフルエンサー:フォロワー数100万人以上

SNSのフォロワー数が100万人を超えるアカウントはメガインフルエンサーと呼ばれ、市場に大きな影響を与える力を持ちます。

しかし、高いPR効果が見込めるのは、それよりフォロワー数の少ない「マイクロインフルエンサー」や「ナノインフルエンサー」です。

一般的にフォロワー数が増えるほど「いいね」などのリアクションが減る傾向にあり、目がインフルエンサーとまでなると、購入までの成約率はフォロワー数のおよそ10%未満と言われています。

それは、フォロワーが多すぎるためにインフルエンサーとフォロワーとの間で深いコミュニケーションがないからです。

ナノインフルエンサーやマイクロインフルエンサーは、フォロワーとの深いコミュニティが出来上がっていることが多く、インフルエンサーの発信に対して反応が多いことが特徴です。

そのため、広告主にとってインフルエンサーのコミュニティの強さがフォロワー数よりも大切と言えるでしょう。

4.インフルエンサービジネスが最強な理由

イメージ

インフルエンサービジネスはビジネスモデルとして最強と言えます。

なぜなら、個人の体験や経験が全てコンテンツになるからです。

例えば、国内旅行や海外旅行を写真を交えながら発信することで、多くの人に旅行先の情報をリーチさせることができます。

他にも、借金した経験や詐欺の被害にあった経験から回帰したフローを発信することで、それがまたコンテンツになります。

それで身につけた影響力を活用して、多くの人に新製品や新サービスの情報を届けることが可能になります。

個人で会社のような力を持ってしまうので、インフルエンサーの存在がビジネスとして成り立つのです。

今やSNSで無料で情報発信できる時代です。
失敗したからといって借金を背負うことはありません。

そのため、インフルエンサーは誰でも無料でビジネスを始められ、強い広告力を持つことができる最強のビジネスモデルと言えます。

5.インフルエンサーのメリット・デメリット

イメージ

インフルエンサーは最強のビジネスモデルですが、絶対に取り組むべきと言うわけではありません。

ここからはインフルエンサーのメリットとデメリットについてご紹介していきます。

インフルエンサーになることを考えている方は、メリット・デメリットを踏まえたうえでもう一度考えてみるといいかと思います。

5−1.メリット

インフルエンサーマーケティングのメリットは主に以下の3つです。

  • 購買につながる広告力がある
  • フォロワーは広告に対する抵抗が少ない
  • 広告塔としての需要がある

インフルエンサーのフォロワーはある種の「ファン」と言えます。

そのため、基本的にインフルエンサーが勧める商品やサービスには抵抗がなく、購買につながる可能性が高いメリットがあります。

人は憧れる存在や共感できる存在の情報を信頼し、受け入れる傾向があるので、インフルエンサーの広告は購買への心理的なハードルが低いと考えられています。

また、テレビCMやウェブ広告など通常の広告依頼よりも、インフルエンサーに依頼した方がコストは圧倒的に抑えられます。

これらより、インフルエンサーの需要は一定数あり、影響力を持つだけでも十分ビジネスとして成り立つので、インフルエンサーのメリットは大きいと言えるでしょう。

5−2.デメリット

ビジネスにおいて最強のインフルエンサーにも、以下のようなデメリットがあります。

  • 炎上すると広告主に危害を与えてしまう
  • 24時間365日常に情報発信をし続けなければいけない
  • ステルスマーケティングになる可能性がある

インフルエンサーが炎上してしまうと、その火の粉が過去・現在の広告主まで飛ぶリスクがあります。

さらに、広告主の商品やサービスを誤って理解したまま発信することで、広告主に悪影響を与えてしまう場合もあります。

宣伝のやり方や製品内容によっては、ステルスマーケティングと判断されて好感度と共に影響力が下がる可能性があるので注意が必要です。

また、基本的にインフルエンサーは自分の生活や行動、経験などがフォロワーのコンテンツになるので、新規フォロワーの獲得・フォロワーの維持のためにも情報を発信し続けなければいけません。

仕事とプライベートを細かく分けられるような、細かな仕事が得意で、柔軟な対応力の持ち主に向いているビジネスでもあります。

6.結局どのくらい稼げる?

イメージ

出典:LIDDELL 株式会社 PRESS RELEASE

2017年12月に行われたLIDELL株式会社のインフルエンサーを対象とした調査によれば、インフルエンサーの平均月収は約13万円という結果があります。

全体の19%は毎月20万円以上の収入を得ており、中には100万円以上毎月稼いでいるというインフルエンサーも1%います。

平均的にフォロワー数が5,000を超えると徐々に企業から依頼がき始め、10,000を超えたあたりからインフルエンサーとして認識されるとのことです。

また、YouTubeの1案件あたりの収益はチャンネル登録者1人あたり1円に換算すると言われています。

さらに、「BUSINESS INSIDER JAPAN」の調べによれば、インスタグラマーの場合1フォロワー=3.5円という結果が出たことを公表しました。

10万フォロワーがいれば、月に数回企業からの案件をこなすだけで、インフルエンサーを専業としても十分に生活が成り立つと言います。

SNSはそのほかにTwitterやFacebookなどが有名ですが、いずれにしても深いコミュニティを持つフォロワーが多ければ、それだけ収入になるということがわかります。

7.まとめ

イメージ

インフルエンサーは、ビジネスにおいて大きな力があり、広告塔として企業から高い需要があります。

そしてインフルエンサービジネスはコスパ最強のビジネスモデルです。

インフルエンサー側は無料で始められるので、誰でもなれる可能性がありながら、仮に失敗したとしても損失がほとんどないビジネスモデルです。

一方、広告主側はインフルエンサーに依頼することで多くの費用を抑えられ、より狙ったターゲット層にリーチしやすいというメリットがあります。

このように、インフルエンサー側と企業側の双方にメリットの大きいビジネスモデルが、インフルエンサービジネスです。