ラビットナビ

簡単に報酬が発生するアドセンスとは?アドセンスで収益化する仕組みからメリットとデメリットまでご紹介!

こちらの記事を閲覧している方の中には、「アドセンスって何?」という方も多いのではないでしょうか?

アドセンスとは、Googleが提供する広告サービスのことで、比較的簡単に報酬が発生しますが、単価が低いという特徴があります。

そのため、うまく活用すれば自分が運営しているサイトを収益化することができます。

そこで今回は、アドセンスの仕組みから収入例、メリット・デメリットまでご紹介していきます。

目次

1.アドセンスとは?

イメージ

アドセンスとは、正式名称は「Google AdSense」と呼び、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスのことです。

アドセンスは「クリック報酬型広告」とも認知されており、ウェブサイトに掲載している広告がクリックされればGoogleから報酬が得られる仕組みとなっています。

つまり、自分のウェブサイトの広告がクリックされればされるほど報酬額が上昇し、そのためには多くのアクセス数を得る必要があります。

アドセンスは、ブログを運営している個人や企業を中心に利用されており、広告を選んだり記事内に貼り付ける手間がほとんどかからないという簡易性に人気があります。

Googleが作成する広告コードを、一度サイトソースのヘッダー部分に入れ込めば、サイトの内容に適した広告や読者が関心のあるジャンルの広告が自動的に配信されます。

さらに、ウェブサイトのホーム画面やページ内など、どこに広告を掲載するかを設定することが可能など、柔軟性に優れているところも特徴の一つです。

2.アドセンスが収益になる仕組み

イメージ

アドセンスは「広告主」と「Google」と「ウェブサイト運営者」の三者の存在で成り立っています。

企業は自社の商品やサービスを宣伝するために、お金をかけてGoogleに広告の配信を依頼します。

一方、Googleは検索エンジンの維持費をその他企業からの広告費でまかない、さらに広告を掲載する場所を広げるために、ウェブサイト運営者と契約して広告の掲載場所を借りています。

そしてウェブサイト運営者は、Googleと契約して広告を自分のサイトへ掲載し、その報酬をGoogleから受け取ります。

つまり、Googleは自分たちの検索エンジンを維持しつつ、広告主とウェブサイト運営者を仲介しており、三者がウィンウィンの関係で成り立っています。

これがアドセンスから報酬が得られる仕組みです。

3.アドセンスで稼げるのは月に3,000円程度

イメージ

アドセンスで月に3,000円稼げればすごい方です。

アドセンスは1クリックされるごとに20円〜40円の報酬が発生します。

そしてアドセンスのクリック率は、広告を掲載する方法や広告の内容によって異なりますが、およそ1%〜2%程度です。

平均クリック率を1.5%とすると、60〜70人ほどのアクセスがあってようやく1クリックされる計算です。

1ヶ月で5万円稼ぐためには月1,200回〜2,500回のクリック、およそ70,000〜150,000人のアクセスを1ヶ月で獲得する必要があります。

ちなみに、1日1,000pv1ヶ月30,000pvを獲得すれば上位1割と言われているので、アドセンスで月に5万円稼ぐことがどれほどすごいことかがわかるかと思います。

また、月間10,000pvを獲得するためには、平均的に半年ほどかかるので、半年間ウェブサイトを運営してようやく月に3,000円〜6,000円稼げる計算となります。

4.アドセンスのメリットデメリット

イメージ

アドセンスは比較的簡単に収益が得られますが、単価が低いためにアドセンスから高い収入を得ることは難しいと言えます。

ウェブサイトで稼ぐことが目的とするならば、アドセンスよりもアフィリエイトの方が稼ぎやすいです。

そこでここからは、アドセンスのメリットとデメリットについてご紹介していきます。

4−1.メリット

アドセンスは比較的簡単に収益が得られます。

アドセンスのメリットには主に以下の4つがあります。

  • 報酬が簡単に発生する
  • クリック報酬広告の中でも比較的高単価
  • リンク切れがない
  • やることはアクセス数を上げるだけ

アドセンスのメリットは、同じ広告収入であるアフィリエイトと比較すると明確になります。

例えばアフィリエイトは、実際に商品が売れなければ報酬は発生しませんし、広告主が広告を打ち切れば収入源がなくなってしまうリスクがあります。

また、アフィリエイトの収入を上げるためには、収入を発生させるためのキラーページやそのキラーページに呼び込むサテライト記事を作成するなど、さまざまな戦略が必要です。

一方、アドセンスはクリックするだけで報酬が発生するうえ、その他のクリック報酬型広告よりも単価が高い点がメリットいえます。

さらに、リンク切れがないのでGoogleがサービスを提供し続ける限りはいつまでも稼げられ、報酬を上げるためにはアクセス数を上げることに専念できます。

このように、アドセンスは比較的簡単に収益が得られ、それが継続しやすいというメリットがあります。

 

4−2.デメリット

アドセンスのデメリットは主に以下の4つです。

  • 審査がある
  • 支払い条件が最低8000円から
  • ペナルティがある
  • 単価が低い

アドセンスのアカウントを獲得するためには、Googleに申請して一定の審査をクリアする必要があります。

また、支払いは報酬額が8000円を超えなければされませんし、ウェブサイトで発信するコンテンツによってはアドセンスアカウントの剥奪や順位低下などのペナルティがあります。

適切なコンテンツの詳しい内容は「AdSense プログラム ポリシー」をご覧ください。

中でもアドセンスの最も大きなデメリットは単価が低いことです。

例えば10万アクセスを獲得するようなウェブサイトであれば、アドセンスで収益化するよりもアフィリエイトの収益化でした方が報酬額が高いことがほとんどです。

そのため、ウェブサイトで収益化を図るならアドセンスよりもアフィリエイトの方が効率的と言えます。

5.アドセンスの始め方!審査方法と3つの審査基準

イメージ

アドセンスを始める手順は以下の流れです。

  • ウェブサイトを作成する
  • 20〜30記事書く
  • 申請を出す
  • 承認されればコードが発行される
  • コードをサイトのソースに挿入する

まずは広告掲載するウェブサイトを独自ドメインを取得して作成しましょう。

その後、ウェブサイトにメディアとしての力があることをGoogleに示するためにも、20〜30記事以上の記事を作成しておきましょう。

そして、「Google AdSense」に申請を出して承認を待ちます。

早くて2〜3日で承認され、専用のコードが発行されます。

そのコードをサイトソースのヘッダー部分に挿入すれば、サイト上に自動的に広告が表示されるようになります。

ちなみに「広告が多いな」と感じれば、アドセンスの公式ページにログインすれば、どこに広告を表示させるかの調整ができます。

5−1.アドセンスの審査基準

アドセンスの審査基準は明確ではありません。

そのため、条件を満たしていても審査に落ちる可能性があります。

実際にアドセンスの審査にクリアした私が予測する審査基準は以下の3つです。

  • 独自ドメインのサイト
  • 1500字程度の記事を20記事以上
  • 上質な記事

アドセンスは「.com」や「.net」「.org」などの独自ドメインのサイトで申請する必要があります。

無料ブログやレンタルサーバーからプレゼントされる無料のサブドメインではアドセンスの申請をすることができません。

さらに、ウェブサイトがある程度メディアとして能力がないといけないので、1500字以上の記事を20記事以上作成しておく必要があります。

また、適当な記事であればいいというわけではなく、記事内に見出しやメディア、段落などある程度記事としての質が求められます。

アドセンスの審査に通過するためには、最低限以上3つの条件は満たしておきましょう。

6.まとめ

イメージ

アドセンスは簡単に報酬が発生する広告です。

アドセンスをうまく活用して、サイトのアクセス数を上げれば、サイトを収益化させることができます。

ただし、アドセンスは1件あたりの単価が低いため、毎月安定して5万円以上を稼ぐためには1年〜2年以上継続して記事を更新し続ける必要があります。

効率よく収入を上げるのであればアドセンスよりもアフィリエイトがおすすめですが、あまり労力を使わずに継続させていきたいと考えているのであれば、アドセンスがおすすめです。

アドセンスの審査は少し厳しいですが、ぜひアドセンスのアカウントを入手して、運営するウェブサイトを収益化させてください。